海外でも通用する国際ブランドのクレジットカードが人気?

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われておりそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。
有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、国際的に使用することができる心強いアイテムです。
三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業だから知名度が高く信頼性も抜群だと思います。
MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く国内ではほとんどの施設で利用できます。
JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが海外旅行で日本人があまり行かない地方では使えないことが多いようです。
ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので普通の会員より充実したサービスを受けることができます。
日本で発行されている大半は年会費が高額で審査が厳しかったですが最近では、よりグレードが高いカードが発行されるようになり基準が緩和されてきたようです。
この会員が受けることのできる特典としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。
年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。
他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。
映画もキャッシュレスで見られるので財布の中を気にする必要がなくなるカードがありますね。
利用金額によってポイントがもらえたりマイルが貯まるブランドもあります。
支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、名義人以外の人が使うと規約違反になります。
1ヶ月分の買い物で立て替えられた利用代金は毎月の決済日に銀行口座から自動で引き落とされます。
支払回数は購入時に指定することもできますが、ネットや電話で変更する事もできます。

ゴールドカード比較のポイントは?選び方解説【ステータス重視?】